犬のグレインフリーフードと拡張型心筋症の関連について専門家チームが否定的見解

犬のグレインフリーフードと拡張型心筋症の関連について専門家チームが否定的見解

2018年と2019年に米国食品医薬品局がグレインフリードッグフードと拡張型心筋症に関連がある可能性を発表したことに対して、心臓専門獣医師ら専門家チームが否定的な見解を発表しました。

お気に入り登録

2018〜19年に報告されたグレインフリーフードと心臓病の関連

グレインフリーのペットフード

最初は2018年のことでしたが、アメリカ食品医薬品局がグレインフリー(穀物を含まない)ドッグフードが犬の拡張型心筋症に関連しているかもしれないという報告を発表しました。

従来の拡張型心筋症が多発すると言われていた犬種以外での症例が散発しており、それらの犬の多くがグレインフリーフードを食べていたというのが理由です。グレインフリーのフードに多く使用されているレンズ豆やエンドウ豆などマメ科植物が関連するかもしれないという報告もありました。

続く2019年には同じくアメリカ食品医薬品局が、拡張型心筋症と診断された犬のうち10匹以上が食べていたフードのブランドを発表し、大きな話題になったことを覚えている方も多いかと思います。

この当時も詳しいことは分かっておらず、当局と学術研究者らが調査を続けていますが明確なことはわからないままです。

グレインフリーのフードと拡張型心筋症には本当に関連があるのかどうかという点について、BSMパートナーズという、ペットケアのリサーチとコンサルティングの企業が、獣医師、循環器専門獣医師、動物栄養士のチームを結成してリサーチを開始しました。

現時点でグレインフリーと拡張型心筋症の関連付けは不可能

診察を受けるドーベルマン

調査チームは、犬の拡張型心筋症の原因に関する150件以上の研究を改めて検証し、その結果をレビューとして発表しました。

結論を先に述べると「犬の食事と拡張型心筋症の関連について正しい結論を出すにはさらなる研究が必要である」としながらも「拡張型心筋症に関連する文献の再検証からは、穀物を含まないフードおよびマメ科植物と拡張型心筋症の発生に明確な関係は見出せない」としています。

食品医薬品局のデータから特定のフードや成分を病気に関連付けることが不可能な理由としては、以下のようなものがあげられています。

現在の文献に基づくと、アメリカの犬の個体数全部における拡張型心筋症の発生率は0.5〜1.3%と推定されています。しかし食品医薬品局が報告した560匹という症例数はこの発生率をはるかに下回っており、病気との関連付けが不可能です。

また当局の報告では、犬が現在食べているフードについての情報だけで食事の履歴については不明、犬の年齢についても言及されていないなどデータとして不完全なため、適切な結論を出すことは不可能です。

今後の研究の課題

プリントされた心電図

拡張型心筋症は、発症の原因となる因子が数多く証明されている多因子性の病気です。ですから拡張型心筋症の潜在的な原因を明らかにしていくためには、食事内容だけでなく遺伝的な要素、感染症、代謝などを研究する必要があります。

BSMパートナーズは今後これら多くの側面を調査する複数の研究を実施していく予定だそうです。そのためアメリカ食品医薬品局が昨年報告を実施した時のような小さいサンプル数ではなく、もっと大きな規模で客観的なデータを収集して分析する必要があります。

研究者はそのために全国の獣医師に対して拡張型心筋症の症例の提供を依頼するべきだとしています。

まとめ

ハートの模型を持った獣医師と犬

昨年アメリカの食品医薬品局が発表した、グレインフリーフードと拡張型心筋症に関連があるかもしれないという報告に対して、民間企業の専門家チームが現時点ではフードと病気を関連付ける証拠は何もないと発表したことをご紹介しました。

大切な愛犬が毎日食べるフードですから、新しいニュースをキャッチできるようアンテナを張っておく必要がありそうですね。

《参考URL》
https://academic.oup.com/jas/article/98/6/skaa155/5857674

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。