骨と皮だけ…瀕死の状態からレスキューされた犬の大どんでん返し!

骨と皮だけ…瀕死の状態からレスキューされた犬の大どんでん返し!

森でひん死の状態で倒れていた犬は、「手遅れ」の予想に反して大復活しました。イギリスの島に住む家庭が里親になってくれましたが、問題が判明…。そしてその後に続きます。

はてな
Pocket
お気に入り登録

骨と皮で脱毛して森に倒れていた

発見・救出

これは、森でひん死の状態で発見され、保護団体 LetsAdopt により保護された「スウィーティ」です。

体毛をほとんど失い、やせ細って骨と皮だけのようになっています。

森で発見時は、このような状態でした。ひもはすでに首にかかっていた模様です。

うつろな目が泳いでいますが、呼吸は確認できます。「これはもうだめだ。安楽死させては」と周囲は言いました。

病院

さっそく病院へ連れてきました。体の状態は最悪ですが、瞳はまだ光を失っていませんでした。

回復

時間の経過は明示されていませんが、少し肉付きがよくなっているようです。

落ち着いた立ち姿からは、健康状態での様子を想像できます。

病院スタッフとたわむれる姿も。ここまでは、まだ全身の脱毛は同じ状態ですが…

場面がかわり、そこには全身黒い体毛が生えそろいつつあるスウィーティの姿が。

元気そう、甘ったれそう!

そして、イギリスのワイト島に住む里親さんの元へ、フェリーで向かうことになりました。

島というだけあり、里親さんは小型ボートにスウィーティを乗船させます。

スウィーティにとっては何もかも新しい世界。ちょっと表情が固いかな?海辺では、同居犬が喜んで水に入るかたわら、「いやいや」と拒否しているスウィーティの姿も。

どんでん返し

動画はこの里親さんたちとボート遊びや海岸散歩、町歩きの様子で終了し、スウィーティのこれからの幸せな島暮らしを想像させます。

でも実は、大どんでん返しが待っていたことが、動画の説明書きの中に告白されていました!

スウィーティにとって、この島は安住の地ではなかったのです。元々発見されたのも森の中。やはり、海より森が性に合っていたのかもしれません。

スウィーティにとっての本当の里親さんが見つかったのは、「黒い森」があり、ほんの少ししか海岸線を持たないヨーロッパの国でした。英語ですが、動画の説明書きの中に、答えの国名を見つけてくださいね。ひん死の状態からの復活と、実は水嫌いなスウィーティがボートや海岸でとまどっているかわいい様子を動画でお楽しみください。

動画を見ることは保護支援にもつながります!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
 掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    40代 女性 あらいたまこ

    理由はわかりませんが命に関わる状態でいたのならさすがにかわいそう。心優しい方に出会えて良かったね。関わった方にも幸運が訪れるはず。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。