犬が歯みがきを嫌がる…どうしたらいいの?最低限どれくらいやれば大丈夫?

犬が歯みがきを嫌がる…どうしたらいいの?最低限どれくらいやれば大丈夫?

歯みがきを嫌がる犬はとても多いと思います。逃げ回る、噛んでくるなどということから飼い主さんにとっても愛犬の歯磨きが負担になってしまっていることがあるのではないでしょうか?ここでは犬の歯みがきをどの程度やるべきなのか考えてみたいと思います。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

犬に歯みがきは本当に必要なの?

正面から見た犬の歯アップ

そもそも犬に歯みがきって本当に必要なの?昔はしていなかったんじゃない?という疑問を持つ人も少なくないと思います。確かに犬は基本的に虫歯になりにくい性質を持っており、ほとんど歯みがきなどをしていなかった昔の飼い犬も、虫歯に苦しんだということはあまりないと思います。

しかし、犬の歯みがきは虫歯ではなく歯周病を防ぐために行うものなのです。実は3歳以上の犬の8割が歯周病になっているという統計もあり、犬にとって歯周病は非常に身近な問題です。歯周病とは歯の表面などについた汚れ(=歯垢)に細菌が繁殖して毒素をつくり、歯茎に炎症を起こす病気です。

歯茎が炎症を起こすと赤く腫れたり出血しやすくなったりし、症状が進行すると口臭や食欲低下につながり、歯が抜け落ちたり膿によって皮膚に穴が開いてしまったりすることもあるのです。

現代の犬はとても長生きになっています。この30年の間に犬の平均寿命は倍にまで伸びており、その分、歯周病など歯の病気も発生しやすくなっていると言われています。そのため、老犬になってからもしっかり食事ができるよう、健康的は口内を維持してあげることはとても大切なのです。

歯みがきはどれくらいの頻度でやればOK?

寝ながら歯みがきをされている子犬

嫌がる犬に歯みがきをするのは、飼い主さんにとって負担になることだと思います。そのため、できるだけやりたくないというのが正直な気持ちかもしれません。

しかし、結論からいうと犬の歯みがきをするべき頻度はできるだけ毎日です。1日1回歯みがきを行うことで、食べたものが歯などに付着して残り、細菌が繁殖することを防ぐのです。汚れをそのまま放置すると2~3日のうちに歯垢が歯石となって簡単には取れなくなってしまいます。

特に歯みがきが苦手な犬は、毎回すべての歯をピカピカにみがき上げることは難しいと思います。前歯だけしかみがけない、右の奥歯しかみがけないなどということも多いと思います。だからこそ数日間かけて一通りみがき終えるように、毎日こまめな歯みがきが勧められているのです。

歯みがきを嫌がる場合はどうすればいい?

歯ブラシと目をつぶる犬

歯みがきは毎日やることが大切としましたが、歯みがきを嫌がる犬の場合、無理にやろうとすればするほど歯磨きが嫌いになってしまいます。歯ブラシを見るだけでうなったり、噛みつくようになったら本末転倒です。毎日すべての歯を磨けなくてもよいので、2~3日に1回はやるようにしていきましょう。

特に歯みがきが苦手な犬の場合は短時間でサッと済ませてあげることがポイントなので、1日2~3本でもOK!今日は前歯だけ・犬歯だけというのもOKです。極端に言えば歯に1本触れただけでもOKなのです。まずは犬が嫌がらないうちに歯みがきを終えられるよう短時間からスタートしましょう。

歯みがきを嫌がる場合に大切なのは「無理強いしないこと」と「あきらめないこと」です。元々口元を触られたり口の中を見られたりするということは、犬にとってとても不快なことです。無理やり押さえつけて歯ブラシを突っ込んでガシガシみがく…というのは犬にとって大きな苦痛でしょう。

なので、まずはマズルを持つことや唇をめくること、歯や歯茎に指で触ることなどから慣らしていきましょう。まずはそれらを抵抗なく受け入れられるようにすることが必要です。その後、指にガーゼを巻いて歯をこすったり、1本だけ歯ブラシで磨いてみたりと少しずつ歯みがきへの抵抗感をなくすことが大切です。

すでに歯みがきに対して強い抵抗感を持っている場合、歯みがきをしっかりとできるようになるまではかなり時間がかかるかもしれません。あきらめずに根気よく毎日続けて慣らすことが必要ですが、その間に少しでも歯の汚れを除去できるように歯みがき効果のあるガムやおもちゃを利用するのもおすすめです。

歯みがきほどの効果はありませんが、何もしないよりはずっといいと思います。口腔内ケアの補助として、ぜひ活用してみてくださいね。

まとめ

口をあけている笑顔のJRT

犬は虫歯はできにくいものの歯周病になりやすいと言われています。歯周病になると歯茎から出血したり口臭がしたりするだけでなく、歯が抜け落ちて食事が十分にできなくなったり、最悪の場合、細菌が腎臓や心臓などの臓器に悪影響を与えてしまい、病気を引き起こしてしまうこともあると言われています。

歯周病を防ぐためには、口内を清潔に保つことが大切。歯垢が歯石に変わってしまう2~3日の間に汚れを取り除かなければなりません。そのために歯みがきはとても大切なケアとなりますが、毎回の歯みがきですべての汚れを取り除けるわけではないでしょう。

特に歯みがきが苦手な犬の場合は長時間歯みがきを続けるのは難しいと思います。短い時間で構わないのでできるだけ毎日、こまめに歯みがきをしておくことがより効果的だと言われているのでぜひ取り組んでみてください。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。