犬がごはんを食べない時の原因4つと適切な対処法

犬がごはんを食べない時の原因4つと適切な対処法

「愛犬が最近ごはんをあまり食べてくれない」と悩んでいる飼い主はたくさんいることと思います。ごはんを食べない原因はその時の状況によって異なり、それぞれの原因にあった対処法を行う必要がありますよ。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.あまり空腹を感じていない

ご飯の入った器の横で伏せている犬

食べムラがあるときはお腹が満たされていることが多い

ごはんを少しずつダラダラ食べる。日によって食べたり食べなかったりする。いわゆる『食べムラ』に悩まされたことがある飼い主は、たくさんいるのではないでしょうか?食べムラがある原因はいくつかあるのですが、なかでも『ある程度お腹が満たされている』と、食べムラが出やすいそうです。

  • 食べ残したご飯を置いたままにしている
  • オヤツをよくあげている
  • 人間の食べ物をあげている

といったことがあると、犬は適度にお腹が満たされた状態になりやすいので「今は食べなくてもいいや~」と、フードを食べなくなってしまうことがよくあるのです。

対処法:食生活にメリハリをつける

では、そんな食べムラを解決するにはどうすれば良いのでしょうか。ズバリ!『食生活にメリハリをつける』ことが解決の糸口となります。例えば、少し厳しくて可哀想に感じるかもしれませんが、以下のことをすると改善しやすくなります。

  • ご飯を残した場合は、いつまでも置いたままにしないで片付ける
  • オヤツをあげる量を減らす
  • ご飯をあげる時間の付近にオヤツを与えない
  • 人間の食べ物はなるべく与えない

ある程度空腹にしながら、ご飯を決まった時間のときにだけ出すようにすることで「今しか食べられないから食べないと!」と愛犬が危機感を抱き、食べてくれるようになりやすいといえますよ。

2.フードに飽きてしまった

フードを食べずにこちらを見上げる犬

犬もフードに飽きてしまうことがある

犬は割とグルメな舌を持っているので、時々いつも食べているフードに飽きて食べなくなってしまうことがあります。私たち人間も毎日同じものばかり食べていると飽きてしまいますよね?犬も同じなのです。ですので、飽きて食べなくならないようにいろいろと工夫する必要があります。

対処法:フードを数種類用意する・工夫してご飯をあげる

できればフードは2、3種類をローテーションすることをおススメします。なぜなら、犬がご飯に飽きてしまわないようにするだけでなく、さまざまな味に慣れて単一のものじゃないと食べないという味覚の偏りが起きないようにするためにも大切なことです。

ちなみにフードをローテーションしてあげる場合は、いきなり新しいフードを与えると体調不良を起こすことがあるので、今食べさせているフードに新しいフードを少しずつ加えて慣れさせながら与えるようにしましょう。2週間くらいかけて少しずつ慣れさせる方法がベストだと思いますよ。

また、今食べさせているフードに工夫を凝らして食べさせる方法もあります。例えば、お湯でフードを少しふやかして与えると、香りを引き立たせることができるのでフードを食べやすくなりますよ。ウエットフードやお湯で茹でたお肉を茹で汁ごとトッピングするのもおススメです。きっと美味しそうに食べてくれることでしょう。

ただ、トッピングをしたご飯に慣れてしまうと、愛犬がさらにグルメになってトッピングなしでは食べなくなってしまう可能性もあるので気をつける必要があります。

3.わがままになっている

飼い主の持つおやつを見つめる犬

オヤツや人間の食べ物をあげるとフードを食べにくくなりやすい

「食欲はあるのに愛犬がご飯を食べてくれない」そういった場合は、「フードを残すと飼い主がオヤツや食べ物をくれる」と犬が理解している可能性があります。また、いつも美味しいオヤツや人間の食べ物を食べていることで、「フードは食べたくない~」と愛犬がわがままな性格になってしまうなんてこともあったりしますので、甘やかしすぎは要注意といえるでしょう。

対処法:オヤツをあげる量を減らす・人間の食べ物をあげない

オヤツや人間の食べ物の味に慣れてご飯を食べなくなってしまった場合は、愛犬がご飯を食べなくてもオヤツや食べ物を与えないようにすることが大切といえます。フードを食べない愛犬の姿を見ると、つい可哀想になってオヤツをあげてしまいそうになると思いますが、そこは一生懸命我慢しましょう。はじめはつらいと思いますが、「飼い主がオヤツや食べ物をくれない……」と愛犬に感じさせることで、しぶしぶフードを食べるようになってくれることと思いますよ。

4.体調不良・病気の可能性

飼い主が差し出すフードのにおいを嗅ぐ犬

体に異変が起きていると食欲が低下しやすい

ご飯を食べないときは、体調不良になっていたり病気を発症していたりする可能性も十分考えられます。「いつもガツガツご飯を食べているのに、何故か今日は全然食べない……。」そう言った場合は、まず体調不良や病気を疑った方が良いといえるでしょう。

また、体調不良や病気が原因でご飯を食べないときは、同時に下痢や嘔吐などの症状が出ることがよくあるので、それらの症状が出ていないか様子を見てあげるようにしましょう。

対処法:病院に連れて行く

体調不良や病気の可能性がある場合は、飼い主だけの判断で決めずに病院で診てもらうのが一番の対処法となります。ですので、少しでも気になった場合はすぐ病院に連れて行ってあげてくださいね。

まとめ

食卓に並んで座って食べ物を待つ二匹の犬

犬が一時的にご飯を食べないときは、『お腹が空いていない』『ご飯に飽きている』『好き嫌いをしている』『わがままになっている』といった原因が多く、それぞれに合った対処法をする必要があるといえるでしょう。ただ、病気が原因となってご飯を食べなくなっている可能性も考えられますので、少しでも不安になった場合は病院に連れて行くことをおススメします。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。