家のフードは大丈夫?ドッグフードで確認すべきNGポイント2つ

家のフードは大丈夫?ドッグフードで確認すべきNGポイント2つ

ドッグフードは、工業的に工場で生産された犬のための食事です。乾燥したドライフードやしっかりと水分を含んだウェットタイプ、半生タイプ、年代別、犬種別など種類もさまざま。どんなフードを選べばよいのか困ってしまいます。そこで、まずは簡単に、絶対に愛犬に与えたくないフードのNGポイントを、2つだけに絞ってご紹介したいと思います!

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

ドッグフードについての賛否両論

舌舐めずりをするヨーキーとドッグフード

昔からドッグフードに関しては、「ドッグフードは病死した牛肉を使っている」とか「食肉として売れない内臓の肉や骨などを粉砕して使っている」とかいう噂がささやかれていました。

逆に、「ドッグフードは犬の体のために作られた完全栄養食品」とする意見もあり、今でも、ネットで検索すれば、いくらでもドッグフードについての賛否両論は続いています。

良いドッグフードとは?

お皿に盛られたドッグフード

たんぱく質の割合が多い

犬の祖先は狼で、もともとは大型の肉食獣でした。長い間、人間と共生共存してきた結果、現在の犬は限りなく肉食に近い雑食動物と言えます。

ですから、私たち日本人がお米を主食とするように、犬の体にとっての主食は肉や魚などのたんぱく質です。良質なたんぱく質を日常的に摂取することで、筋肉や内臓の健康も保たれ、十分に活動できるエネルギーも得ることができます。
良質なドッグフードを愛犬に与えたいのであれば、栄養素をバランスよく含み動物性たんぱく質の含有量が成犬では最低80%以上、子犬は最低22.5%以上のフードを選びましょう。

グレーインフリーあるいはグルテンフリーであること

グルテンフリーの文字と食材

グレーインフリーとは穀物が含まれていないこと、グルテンフリーとは、グルテンを含む食品が含まれていないことを指します。小麦や穀物に対してアレルギーや食物不耐性を持つ犬の場合はグレインフリーやグルテンフリーのドッグフードにしたほうがよいでしょう。アレルギーを持つ場合は獣医師によく相談したうえでドッグフードを選びましょう。

材料にこだわり、添加物を使っていないこと

どのような肉や原材料を使用しているのかを明確に記載しており、人工の添加物を使用していないことが原材料一覧から確認できるフードは安心して愛犬に与えることができます。

まとめ

食事をしている三匹の子犬

私は、自分の愛犬の食事にドッグフードは食べさせていません。けれども、旅行の際やご褒美用のおやつなどには、ドッグフードを利用しています。いわば、私にとってドッグフードは、小さな子供さんにたまにファーストフードのハンバーガーを食べさせるようなもので、愛犬のためのジャンクフードと考えています。だからといって、安価で質の悪いフードを与えるのも心配なので、今回、ご紹介したようなNGポイントは必ずチェックするようにしています。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。