大型犬用と小型犬用のドッグフードの違い2つ

大型犬用と小型犬用のドッグフードの違い2つ

意外な違いを発見しました!ぜひ、皆さんとシェアしたいと思い、「大型犬用と小型犬用のドッグフードの違い」をまとめてみました。

お気に入り登録
SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

大型犬用と小型犬用のドッグフードの違い①「粒の大きさ」

イスに座り、ドッグフードを食べるボーダーコリー

大型犬用は、大きな粒のドッグフード。小型犬用には、小さな粒のドッグフード。みなさんも同じようにイメージされたのではないでしょうか。大型犬と小型犬の違いといえば、何と言っても、そのカラダの大きさですよね。口の大きさも違います。歯の大きさも違います。当然、噛む力も違います。

大型犬用のドッグフード

大型犬用のドッグフードは、粒が大きいだけではなく、厚みもあります。大きな粒で厚みはあるけれど、噛み砕きやすいように、ドーナツのように真ん中に穴が開いているものもあります。大きな粒だけれど、薄くて平たいものもあります。噛みごたえがあって、でも噛み砕きやすいもの、という印象です。

小型犬用のドッグフード

小型犬用のドッグフードは、粒が小さく厚みのあるもの、粒が小さく薄くて平たいもの、ドーナツのように真ん中に穴が開いているものがあります。さらに、超小型犬用ですと、丸くて厚みはあるけれど超小粒、なんてものもあります。細長く、噛み砕きやすくなっているものもあります。

大型犬用と小型犬用のドッグフードの違い②「カロリー」

伏せをするポメラニアンの手元に山盛りのドッグフード

いきなり皆さんにクイズです!大型犬用と小型犬用、どちらのドッグフードの方がカロリーが高いと思われますか?大型犬の方がカラダが大きいですよね。大型犬の方が運動量も多いですよね。じゃあ…大型犬のドッグフードの方がカロリーが高い?

実は、大型犬用のドッグフードよりも、小型犬用のドッグフードの方が、高カロリーであることがほとんどです。そのワケは、『代謝』にあります。代謝とは、生命を維持するための活動に必要なエネルギーのことを言います。心臓、脳、胃や腸が働くためなどに使われている消費エネルギーのことです。大型犬と小型犬を比べると、小型犬の方が代謝が活発で激しいため、体重あたりより多くのエネルギー(カロリー)を必要とするんです。

大型犬用と小型犬用、栄養素に違いはある?

伏せをするゴールデンの前に白いお皿に入ったドッグフード

基本的に、大型犬と小型犬では、必要とする栄養素の種類は同じです。たとえば、5大栄養素と呼ばれている、『ミネラル』『タンパク質(アミノ酸)』『ビタミン』『炭水化物(食物繊維)』『脂肪』があります。

違いがあるとすれば、必要量でしょうか。必要とする栄養素は変わらないけれど、『年齢』『活動量』『肥満』『病気』などによって、その犬が必要とする量が変化します。肥満犬用のドッグフードがありますが、カロリーや脂質を控えたものがほとんどです。老犬用のドッグフードでは、食欲が低下してしまった犬にも対応できるよう、少量のドッグフードで栄養素をしっかり摂ることができるものもあります。

大型犬用と小型犬用、選び方に迷ったら

赤いハートのお皿に入ったドッグフード

大型犬だからといって、大型犬用の大きな粒のドッグフードを好む犬ばかりではありません。小型犬用の小さな粒のドッグフードの方が食べやすくて好き、という犬もいます。小型犬も同じで、大型犬用の大きな粒のドッグフードの方が、噛みごたえがあって好き、という犬もいます。

粒の大きさが違うというだけで、使用されている原料・配合されている栄養素・摂取カロリーなど、どれも同じなのであれば、食べやすいものを選んであげると良いと思います。ゴールデンレトリバーだからといって、大型犬用の大粒を選ばなければならないなんてことはありません。ポメラニアンだからといって、超小型犬用の超小粒を選ばなければならないなんてことはありません。“この子は、どんなドッグフードが食べたいんだろう?”と、愛犬の食事の様子などから観察し、適切なドッグフードを選んであげることができると良いですね。

まとめ

垂れ耳の犬の前に山盛りのドッグフード、人の前にシリアル

「大型犬用と小型犬用のドッグフードの違い」は主に3つ、『粒の大きさ』と『カロリー』、『栄養素のバランス』です。大型犬用のドッグフードよりも、小型犬用のドッグフードの方が、高カロリーであることがほとんどだ、という点では、驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。うちの愛犬は、超小型犬(太りやすいタイプ)と中型犬(痩せっぽっち)で、与えているドッグフードにはいろんな違いがあります。中型犬がお残ししたドッグフードを、超小型犬が盗み食いしないように注意しなければなりません。きっと、みなさんにも愛犬のドッグフード選びのご苦労があるのではないでしょうか。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。