アイムスドッグフードで愛犬の健康管理!評判と口コミ

アイムスドッグフードで愛犬の健康管理!評判と口コミ

長きにわたって人気のドッグフード「アイムス」。そんなアイムスは、どのような特徴があるの?どのようなアイムスにはどんな商品があるの?実際のアイムスの評判は?この記事では、それらについて解説していきたいと思います。

お気に入り登録

アイムスは理想のドッグフード

アイムス

「アイムス」というドッグフードの名前を、皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ドッグフード「アイムス」は、犬猫の長生きを目指して作られた、大変人気のあるドッグフードです。

私自身も、愛犬の離乳期からこの「アイムス」を与え続けており、大変お世話になっている商品です。

そのような「アイムス」という商品について、どのような特徴があるのか、また、アイムスシリーズのドッグフードにはどのような物があるのか、そして実際に与えていて感じることなどについて、以下でご紹介していきたいと思います。

その際、アイムスシリーズのドッグフードの具体的な紹介においては、私自身が実際に愛犬に与えた経験のある「アイムス プレミアムケア 子犬用 チキン」と、「アイムス 成犬用 チキン」の2つに焦点をあててご紹介したいと思います。

「アイムス」の特徴

まずは、ドッグフード「アイムス」の他のドッグフードと比較した特徴について解説したいと思います。

(1)肉類の量がNo.1!

なんといってもアイムスの最大の特徴は、フードに使用されているたんぱく資源の中で、肉類の量がNo.1だということです。

そのことは、アイムスの商品の成分表を見れば一目瞭然です。

通常成分表は、含有量が多い順に記載されています。

ですから、「家禽類」などが一番最初に記載されているアイムスは、肉類の含有量が一番多いドッグフードであることがわかります。

(2)消化・吸収しやすい!

では、肉類の量が多いことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

それはズバリ、犬にとって肉類は、非常に消化・吸収がしやすいという点です。

皆さんご存知の通り、犬は肉食動物です。

そして、犬の腸は、人間の腸よりもはるかに短いと言われています。

そのような犬にとって肉類は、非常に消化・吸収がしやすい食べ物なのです。

一方で、野菜類は比較的消化・吸収しにくい傾向にあります。

そのため、肉類の多く含まれたアイムスは、犬にとって非常に栄養吸収のしやすいドッグフードであると言えます。

(3)スリムな体をサポート!

そして、消化しやすいということは、犬がスリムな体型を維持しやすいということでもあります。

栄養は十分に吸収しつつ、消化も良いので引き締まった筋肉の維持に繋がるのです。

「アイムス プレミアムケア 子犬用 チキン」の特徴

子犬用

続いては、アイムスシリーズの中の具体的な商品の一つである「アイムス プレミアムケア 子犬用 チキン」についてご紹介したいと思います。

この商品は、我が家の愛犬が離乳期〜生後12ヶ月までの間の子犬時代にずっと与えていたフードです。

愛犬の子犬期にこのドッグフードを選んだきっかけは、愛犬が育ったペットショップにて、このフードをお勧めしていただいたことです。

そのようなこの商品について、まずはその特徴を解説したいと思います。

(1)DHAが配合されている

(2)「プレミアムケア」以外のアイムス商品と比較して、2倍のビタミンEが配合されており、優れた栄養バランスで免疫力を維持してくれる

(3)フラクトオリゴ糖とビートパルプという2種類の繊維質の配合により、子犬のお腹の健康をサポートしてくれる

(4)適切な量の脂肪酸の配合により、健康な皮膚をサポートしてくれる

(5)子犬の成長のために必要なたんぱく質が、適切な量配合されている

(6)本来犬の母乳に含まれる、22種類の栄養素が配合されている

以上のように「アイムス プレミアムケア 子犬用」は、とりわけアイムス商品の中でも、特に子犬の健康な成長のために必要な様々な栄養素が存分に配合された商品であることがわかります。

「アイムス プレミアムケア 子犬用 チキン」使用の感想

先程も述べたように、私はこの「アイムス プレミアムケア 子犬用 チキン」を、愛犬が1歳になるまでずっと与えていました。

1歳になるまでの間は、1年間ほぼこのドッグフードだけで育った愛犬ですが、このフードのおかげか、1歳の成犬になるまでほとんど体調を崩すこともなく、病気をすることもなく、大変健康で元気に育つことが出来ました!

それも、特に健康な成長には大切な「子犬期」に必要な栄養素に特化したこの商品のおかげであったと思っています。

また愛犬はこのフードが大好きで、1年間という長い間でしたが、ずっと飽きずに同じフードを食べてくれました!

「アイムス 成犬用 チキン」の特徴

アイムス成犬用チキン

これまで述べたように、我が家の愛犬の子犬期には、子犬用のアイムスを与えていました。

しかし1歳の成犬になってからは子犬用を与えるわけにはいかないので、1歳を過ぎてからは、同じアイムスの「アイムス 成犬用 チキン」という商品に切り替えました!

ですから続いては、現在も愛犬に与えているドッグフード、「アイムス 成犬用 チキン」の特徴について解説したいと思います。

(1)ミクロの粒子が配合されたカリカリのドッグフードを噛むことで、歯垢や歯石の蓄積を抑え、歯の健康を維持してくれる

(2)消化の良い良質な動物性たんぱく質と食物繊維の配合で、腸の健康維持に繋がり、健康な状態のウンチになる

(3)オメガ-6脂肪酸とオメガ-3脂肪酸の配合により、皮膚や毛並みの健康をサポートしてくれる

(4)高品質なチキンが主原料になっているため、筋肉や内臓に必要なたんぱく質を供給してくれ、元気で活力のある体をサポートしてくれる

(5)良質な動物性たんぱく質などのバランスのとれた栄養が、目の健康をサポートしてくれる

これらの特徴を見てわかるように、同じアイムスの「子犬用」の商品とは異なり、成犬用は成犬用で、きちんと成犬にとって必要な栄養素などが存分に配合されています。

「アイムス 成犬用 チキン」使用の感想

愛犬が1歳を過ぎた成犬になってからは、それまで与えていたアイムスの子犬用に替えてこのドッグフードを与えており、愛犬は1歳を過ぎてまた4-5ヶ月ですが、相変わらず何か病気をすることもなく、大変健康に育っています。

先日たまたま愛犬の胃の状態の健康診断を行う機会があったのですが、愛犬の胃の状態は、非常に良い状態との診断で、正直驚きました。

というのも、愛犬は割と誤飲が多いため、あまり胃の状態は良くないのではないかと思っていたからです。

ですがそれでも愛犬の胃の状態、そしてあらゆる健康状態が良好に保たれているのは、やはりこのドッグフードのおかげなのではないかと思っています。

これからも、アイムスを与え続けたいと思います。

私が感じる「アイムスはこんなフード」

食べる犬

それでは最後に、私自身が感じる、他のドッグフードと比較したアイムスの特徴について述べたいと思います。

私が思うに、アイムスは「様々な部分の健康をバランス良くサポートしてくれるドッグフード」なのではないかと思います。

どういうことかと言うと、あらゆるドッグフードには、それぞれ「こんな部分が優れている!」「この部位の健康維持に良い!」といった特徴があるかと思います。

ですがいずれのフードにも、カバー出来ている点もあればカバー出来ていない点もまた存在します。

とりわけある一点の健康維持に特化した商品の場合は、それ以外の部分の健康維持に関しては正直あまり効果が期待出来ないことも多いです。

ですがこのアイムスは、どこか一点のみに特化しているというのではなく、あらゆる部分の健康維持をバランス良くサポートしてくれる商品であると思うのです。

ですからもちろん、愛犬の健康上ある部分が特に心配、というようなことがある場合には、その部分の健康維持に特化した商品を使用されることもお勧めしますが、そうではなく、愛犬の色々な部分の健康をバランス良く総合的にサポートしたい!というような方には、このアイムスをぜひお勧めします。

まとめ

以上今回は、人気のドッグフード「アイムス」について、その特徴や具体的にどのようなフードの種類があるのか、また、実際に使用した感想などについてご紹介しました。

愛犬が健康に成長出来ている大きな要因の一つは、間違いなくこのアイムスであると思っています。

愛犬の健康をバランス良くサポートしたい!そのような方は、ぜひこのアイムスを試されてみてはいかがでしょうか。

はてな
Pocket

ユーザーのコメント

  • 投稿者

    30代 女性 TIKI

    記事を読んで、アイムスのドッグフードは肉類の量がとても多く、消化・吸収が良いという事を知りました。また、「プレミアムケア」という商品には通常の2倍のビタミンEも含まれていて、免疫力をアップさせる効果もあるそうで、とても興味を持ちました。我が家の愛犬にも一度試してみたいと思いました。
  • 投稿者

    20代 女性 コエリ

    アイムスドックフードは肉量がNo.1という事を初めて知りました。
    そして、肉量が多いのに消化?吸収が早いという事で、とても優れているフードですね。
    また、検査で胃が綺麗という事で、フードの大切さも改めて感じました。
    大切な愛犬には、美味しくていいご飯を
    食べてほしいので、私も1度チェックしてみたいと思います。
  • 投稿者

    50代以上 女性 フーガ

    アイムスのドックフードは栄養のバランスも良く、栄養価も高いんですね。
    胃の状態も考えたほうが良いことも驚きです。総合的にサポートできる点も高評価です。
    犬の年齢にも配慮されているし、愛犬はチキンが好きなので今度試してみようと思います。
  • 投稿者

    20代 女性 サンドイッチ

    元動物看護師です。
    アイムスのドックフードは、嗜好性、成分、値段、便の量からみてもおすすめなフードです。
    ドックフードは値段がピンからキリまでありますよね。正直あまり安価なドックフードはおすすめしません。
    良いドックフードかどうか判断するには、便の量を見ると分かると言われています。
    安価なドックフードは、材料があまり良いものは使っていなくて、栄養として吸収するものがない為、残渣として大量の便をする傾向にあります。
    そして、たくさん与えても栄養が少ない為に食べてる割には太らないしむしろ痩せてきたり、毛艶が悪くなります。
    良質な材料を使っているドックフードを与えた場合は、便の量が少ないですし毛艶が綺麗です。

    私の愛犬にもアイムスのドックフードを与えています。毛艶も便の量も良好です。
    アイムスには様々な種類があります。
    シニア期になったのでシニア用フードに切り替えましたが、嗜好性が良いため、問題なく食べてくれています。
  • 投稿者

    40代 女性 ぱん

    ドッグフード「アイムス」は、わたしも知っていました。
    フード選びは本当に難しいと思います。
    そして愛犬には良質な肉を与えたいと飼い主さんは考えるのではないでしょうか。
    わたしはフード選びには必ずパッケージの原材料、原産国、販売者の記載を確認してます。
    また大きな袋を購入するときは使い切れるか心配になりますので、賞味期限の確認も大事ですよね。
    そしてパッケージの表に”何病に効果あり”などと書いてあるのは疑った方がいいそうです。
    まず「医薬品医療機器等法」の規制によりこのような表現は禁止されています。そしてドッグフードは医薬品や医薬部外品ではありません。もしこのような表記を見かけたらあやしいと思った方いいかもしれません。また「自然」や「特選」などに騙されず、飼い主さん自身でパッケージの原材料を確認したいものですね。

    わたしは愛犬の皮膚や毛並みの維持のために、魚(マダラ)のオイルをフードに少量垂らして与えてます。実際私の周りでは魚オイルを使っている飼い主さんが多いです。自然のオイルで健康維持ができたらいいですよね。
    フードだけだと飽きてしまうという愛犬には、これでちょっと味付けをしてみるのもいいかもしれませんよ。
  • 投稿者

    40代 女性 SUSU


    9歳になる愛犬がいます。私が犬と暮らしていない時でもアイムスの存在は知っていました。
    スーパーやドラッグストアでも売られていて簡単に入手することも出来、獣医師推奨とうたっており、このフードを選んでいる飼い主さんも多いのではと思います。
    実際、私の友人も獣医さんお薦めだからとずっとこのフードを与えていました。
    愛犬が生後半年程を過ぎた頃から、ドッグフードを食べなくなったことがきっかけで、フードの裏面に記載されている原材料の意味するところを勉強するようになりました。

    記事にあげられている成犬用小型犬用チキン小粒の原材料をメーカーのHPで調べたところ、まず気になった点として、酸化防止剤としてクエン酸の他にBHA、BHTが記載されていることです。
    賞味期限が1年以上と長期間設定されているドッグフードでは、酸化防止剤の使用は仕方がないことですが、昨今のドッグフードでは、ローズマリー抽出液、ビタミンCなど天然の保存料を使用しているメーカーも多い中、BHA、BHTのような発ガン性の高い化学添加物は出来れば避けたいところです。

    また、肉類についてですが、保証成分表を見るとタンパク質が26%以上とあり、このフードの中でタンパク質が最も多く含まれている点は間違いないのだと思います。
    ただ、肉類としてチキンミール、家禽ミールと記載されています。ミールとは、私達が口にしている精肉ではなく、鶏の様々な部分を混ぜ合わせたものであり、毛やくちばし、骨など、何が含まれているのかは分かりません。
    家禽ミールの家禽とは、食肉や卵、羽毛などのために飼育されている鳥類のことを言い、カモ、アヒル、七面鳥などがその代表です。
    従って、家禽ミールとは、それらの中で種類も特定されていない鳥類の精肉以外の部分ということになり、少し不安を覚えてしまいます。'

    また、とうもろこしは犬にとって消化しにくく栄養価も低い原材料です。フードのかさましとして使用されることが多いと言われています。
    その他、ビートパルプが入っているようですが、これは甜菜の葉と絞りカスのことで、主に、便を硬くする目的でドッグフードに配合されています。
    とうもろこし、コーンフラワーなどのかさまし材料は腸の働きに負担をかけ、便が緩くなってしまうこともありますが、このビートパルプで通常の硬さの便になります。
    便の状態を見て、このフードは愛犬に合っていると判断する飼い主さんが多いため、メーカーが配合しているのでは?とつい疑ってしまいます。

    スーパーやドラッグストアで気楽に購入することができ、お値段もリーズナブル、家禽エキスなどの使用で匂いも良く食いつきも良いかもしれません。
    ビートパルプも配合されており便の状態も問題なく、一瞬、コスパもよく良いフードと思われる方もたくさんおられるのだと思います。
    もし、このフードを与えていて、シャンプー後、3日で犬臭くなる、毛づやが悪い、耳垢がでる、目やに、涙やけがあるといった何かしらの症状がある場合は、切り替えて見ると効果があるかもしれません。与えた分だけその成分が体外に排出されるまでには時間がかかるかと思いますが、犬はいろいろな症状で私達にサインを送っており、必ずなにかしら変化があると思います。少し注意が必要なフードだなという印象を持ちました。
  • 投稿者

    女性 マーチ

    アイムスというメーカーの名前はよく目にしますが、実際に購入したことはありませんでした。そんなに評判がいいんですね、知りませんでした。なんとなく、量販店で販売されているような安価なラインの商品かと思っていました。今度じっくりネット評を調べてみようと思います。
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい

あなたが知っている情報をぜひ教えてください!

※他の飼い主さんの参考になるよう、この記事のテーマに沿った書き込みをお願いいたします。

年齢を選択
性別を選択
写真を付ける
書き込みに関する注意点
この書き込み機能は「他の犬の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、犬と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

・過度と捉えられる批判的な書き込み
・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
・荒らし行為
・宣伝行為
・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。