トイプードルの涙やけを改善したい!原因や自宅でのケア方法

トイプードルの涙やけを改善したい!原因や自宅でのケア方法

トイプードルは涙やけが目立ちやすいですよね。飼い主さん、涙やけで悩んでいませんか?「これ治るのかな?」「どうお手入れしたらいいの?」今回はそんなお悩みにお答えいたします!

トイプードルに多い涙やけとは

抱っこされているトイプードル

トイプードルは、目頭あたりから鼻にかけて茶色くなってしまいやすいです。「それはどうして?」「涙やけってなに?」涙やけの原因や危険性を通して、皆さまの疑問にお答えします。

涙やけの仕組み

涙やけの原因は「涙」と「被毛」です。目からあふれた涙が被毛にとどまることにより、その部分が「濡れたまま」の状態になります。

被毛が濡れたままの状態になると細菌が繁殖しやすく、「涙が酸化」したり「涙が紫外線で焼ける」ことが起きます。そうすると、涙が付着している被毛が茶色く変色し、ガビガビに固まり「涙やけ」ができるのです。

茶色く変色した被毛は、なかなか改善することができず繰り返すことが多いです。トイプードルは様々な毛色があり、ホワイトやアプリコットなど薄めの毛色は特に涙やけが目立ちやすいです。改善しづらく繰り返す涙やけに困っているトイプードルの飼い主さんは多いです。

涙やけの危険性

涙やけは茶色く変色してしまう見た目の問題だけでなく、犬の皮膚にも影響があります。常に濡れた状態であるということは、「細菌が繁殖しやすい」うえに「皮膚がふやけて弱っている」状態です。

繁殖した細菌により炎症が起きてしまう可能性にプラス、無理なお手入れをすると、弱っている皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。「涙やけがひどくなる=下の皮膚の状態も悪くなっている」と考えてください。

涙があふれる理由

涙があふれてしまうのは「流涙症(りゅうるいしょう)」が起きているからで、トイプードルは「流涙症」になる可能性が高いです。「流涙症」とは、まぶたの中に涙がおさまらずに目の周囲に常にあふれてしまう症状で、周りの皮膚を濡れた状態にしてしまいます。

流涙症にはさまざまな原因があり、その原因を解決することも涙やけの解消には欠かせません。先天的なものや、目の病気が隠されている可能性もあります。そういったことも涙やけの危険性のひとつと言えます。

お手入れやフードなどおうちで解決できることもありますが、病院での治療が必要な場合もあります。不安な方は一度しっかり病院で先生に相談することをおすすめいたします。

トイプードルの涙やけの原因

かわいいトイプードル

なぜトイプードルに「流涙症」が起こりやすく涙やけが多くできてしまうのか、次のような原因があります。

先天的な要素

トイプードルは生まれつき、涙の通り道である「鼻涙管」や、涙の出口の「涙点」が狭かったり閉塞していることがあります。狭い鼻涙管には老廃物が詰まりやすく、うまく涙が排出できなくなります。

これがトイプードルが「流涙症」になる可能性が高い理由です。

特に子犬のうちから涙やけが気になる場合は、先天的な確率が高いです。反対に、老犬になると代謝が落ちてうまく排出できなかった老廃物が詰まっている可能性があります。症状が重いときは病院で閉塞の処置や、鼻涙管の洗浄などが必要なこともあります。

目の周りの被毛が長い

トイプードルの魅力のひとつであるクルクルと長い柔らかい被毛は、目の周りにもふんわりと生えていることが多いですよね。その被毛やまつげが目に入って刺激になり「流涙症」の原因となります。

また、被毛自体にも涙が溜まりやすく、涙やけを引き起こしてしまいます。対処法として、目の周りの毛は短く保ってあげたり、こまめに涙を拭いてあげましょう。

トイプードルの涙やけはトマトで治るって本当?

トマトの画像

「トイプードルの涙やけにトマトが効く」という噂があるようです。しかし実際は「科学的根拠」はなく、反対に「犬にトマトをたくさん食べさせることが危険」という話も上がっています。

恐らく、トマトが涙やけに効いたという方は、他にも涙やけのケアをしており、なにかしらの作用で改善したのではないかと思われます。

トマトはトイプードルに害のある食べ物ではありませんが、水分が多い野菜なので「食べすぎ」は体に良くないことは事実です。また、食物アレルギーを起こす可能性もあるので、今回の噂を理由に突然たくさん食べさせることは危険です。

効果に確信がなく危険性の心配があると、どうにか治してあげたいだけなのに不安になってしまいますよね。犬の体にも安全に、飼い主さんも安心して行える「涙やけケア」が大切になってきます。

トイプードルの涙やけを改善するケア方法

トイプードルとタオル

それではここからは、安心して行える「涙やけケア」について、お手入れの方法や改善策をお話します。

こまめに拭き、乾燥させる

濡れている状態が原因の涙やけにおいて、基本のお手入れは「涙を拭く」ことです。特にトイプードルは被毛がクルクルして柔らかいため、目の周りの被毛に涙が付着しやすいです。

被毛に涙が溜まって濡れたままの状態でいることが涙やけの原因なので、まずは涙を拭いてあげましょう。

【涙の拭き方】
  1. 清潔なコットンや、ティッシュ、タオルなど柔らかい素材のものを用意します。
  2. 「眼から遠い場所」の鼻先のほうから、目元に向かって拭いていきます。
  3. 目ヤニは目頭から鼻先へ向かって、優しく摘まむように取ります。

ゴシゴシと擦ったり目の中にコットンなどが入ってしまうと、眼球や皮膚を傷つけてしまう恐れがあります。必ず優しい力で、目に入らないようしっかり注意して行いましょう。

目ヤニや汚れが固まってしまって取れない場合は、専用のクリーナーなどで「ふやかして」から取ってあげましょう。

コットンやティッシュにクリーナーを染み込ませて汚れの上に置き、手で押さえてあげると少しずつふやけてきます。ここで無理に引っ張ったり擦ってしまうと皮膚を傷めてしまうので、優しい力で取れるまでしっかりふやかしてあげてください。

また「水道水」は乾きにくく、目の中に雑菌が入ってしまう恐れがあるため、目に入っても安全な専用のクリーナーや点眼薬を用いるようにしましょう。

クリーナーには「抗菌作用」や「皮膚を保護する」成分が入っているものもあるので、今ある涙やけを改善し今後の対策としても使うことができます。

目の周りの被毛を短くする

トイプードルは、さまざまなカットでいろんな表情を見せてくれるのもかわいい魅力のひとつですよね。涙やけが気になる方は、できるだけ「目元の被毛は短く」保ってあげましょう。涙やけの予防や眼球の保護にもなり、愛犬にとっても安心です。

また、茶色く変色してしまった被毛は元の色に戻すのは難しいので、一度スッキリカットしてもらうのもおすすめです。こびりついてしまった汚れがあれば、まとめて取ってもらえますよね。その後、涙やけ予防を続けることで、新しく生える被毛を綺麗に保つことができます。

フードを見直す

鼻涙管を詰まらせる「老廃物」が、フードの影響で溜まりやすくなっていることがあります。市販のフードには、犬の嗜好性を高めるため「油分」や「添加物」が使用されています。体に合わないものだと「消化不良」や「胃腸の不調」に繋がり、体に老廃物が溜まりやすくなります。そして、体に溜まった老廃物が鼻涙管に詰まってしまうという悪循環が起きてしまうのです。

「鼻涙管」や「涙点」が狭い可能性があるトイプードルは、このフード対策が効果に出ることも多いです。一度いま与えているフードをよく調べて、なるべく体に安全な原料を用いたフードを選ぶようにしましょう。

最近では「涙やけ対策フード」も多く販売されており、無添加だったり腸内ケアできるものもあります。

ぺろっと元気ごはん ドッグフード 1kg 全年齢 涙やけサポート 無添加 国産

まとめ

トイプードルは、可愛いお顔の構造とふわふわな被毛ゆえに、涙やけができやすい犬種です。涙やけの原因がわかると、自宅でもお手入れや対策をしやすいですよね。

原因はさまざまあり、ひとつではありません。もし、おうちでのお手入れで改善しなかったり、涙やけの症状が重い場合は、病院やトリマーさんに相談することも大切です。

涙やけのケアは見た目だけでなく、愛犬の健康にも繋がります。これから先も、かわいい愛犬と健やかに暮らすためにも、日々の「涙やけケア」をお手入れの一貫として続けていきましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい