シーズーの涙やけがひどい!考えられる原因とおすすめの対策は?

シーズーの涙やけがひどい!考えられる原因とおすすめの対策は?

シーズーは涙やけになると顔の被毛が変色してしまうため、見た目が気になるという飼い主さんも多いのではないでしょうか。今回はシーズーに多い涙やけの原因は何か、どのように対策をすればよいか紹介します。

シーズーの涙やけの原因

こちらを見つめるシーズー

「涙やけ」とは、涙が何らかの原因でたくさん溢れ出てしまい、目の下の被毛が赤茶色っぽく変色してしまった状態のことで、流涙症とも呼ばれています。飼い主さんが気になるシーズーの涙やけの症状としては、目の下の被毛が赤茶色に変色してしまうことではないでしょうか。

犬は被毛があるので、人のように涙が流れ落ちずに被毛に涙が溜まってしまいます。涙は透明ですが、被毛に涙が付着したままだと、涙が酸化するため赤茶色に変色します。

シーズーが涙やけを起こしているときには、いくつかの原因が考えられます。

  • 涙の分泌量が多い
  • 鼻涙管が細い・詰まっている
  • 病気
  • 涙やけしやすい犬種

涙の分泌量が多い

シーズーが涙やけになる原因は、涙の分泌量が多いことが考えられます。涙の分泌量が多い理由は、ゴミが入ってしまった、逆さまつ毛で目が刺激されている、花粉症やハウスダストなどのアレルギーが考えられます。

犬も目に異物が入ったときは、涙の量を増やして異物を外に出そうとします。犬は被毛が目の中に入ってしまうことも多いのですが、このときも涙の量を増やして、目に入った被毛を外に出そうとしています。

逆さまつ毛は、角膜を刺激して涙の量が増える原因になります。動物病院では局所麻酔をして、逆さまつ毛を抜く治療を行うことがあります。逆さまつ毛が気になるときは、飼い主さんが抜いてしまうと、動いたときに目を突いてしまったり、痛みなどもあるため、必ず獣医さんに相談をしてください。

鼻涙管が細い・詰まっている

涙は鼻涙管という管を通って目から鼻に流れています。シーズーをはじめ小型犬はこの鼻涙管が狭く、詰まりやすいため涙やけを起こすことが多いです。鼻涙管が詰まってしまう鼻涙管閉塞は、涙やけが起こる原因として最も多いと言われています。

鼻涙管閉塞は、麻酔をかけて鼻涙管を生理食塩水で洗浄する治療が行われます。完全に閉塞しているときは外科手術が行われます。

涙やけは命に関わるものではないので、麻酔をかけての洗浄や外科手術と聞くとびっくりしてしまうかもしれませんが、涙やけがひどいときには治療をすることが望ましいです。

避妊手術や去勢手術をするときは麻酔をかけるため、涙やけの洗浄を一緒に行うことがあります。シーズーの涙やけが気になる場合は、避妊手術や去勢手術をするタイミングで、一緒に治療ができるか獣医さんに相談してみてください。

病気

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは、まぶた(眼瞼)が内側に反ってしまう病気です。まぶたが内側に反ってしまうと、まぶたやまつ毛が眼球に接触してしまうため、涙目になったり目やにが出るなどさまざまな症状がみられます。

眼瞼内反症は、怪我が原因で発症することもありますが、多くは先天的なものなので、予防をすることは難しいです。

シーズーは眼瞼内反症を発症しやすい犬種なので、早期に発見するためにも、子犬のときに涙の量が多くないか、痛がっている様子がないかなど、目に異常がないかを確認してください。

眼瞼内反症のほかにも、目の疾患が原因となって涙の量が増えることがあります。目やにの量が多いときや目を気にする仕草をしているときは、動物病院を受診することをおすすめします。

涙やけしやすい犬種

お鼻がぺちゃっとしている短頭種のシーズー、パグ、ペキニーズなどは、涙やけになりやすい犬種です。このほか、トイ・プードルやマルチーズ、チワワ、ポメラニアンなどの小型犬も涙やけをしやすい犬種になります。

トイ・プードルは、ホワイトやアプリコットなど毛色のバリエーションが豊富ですが、毛色が薄いと涙やけが目立ってしまい気になるということがあるかもしれません。顔の構造やその犬種が発症しやすい目の疾患などが原因で、先天的に涙やけを起こしやすいという犬種もいます。

シーズーの涙やけ対策

目薬をさすシーズー

  • ドッグフードを切り替える
  • 涙やけクリームでケアする
  • 目薬でケアする

ドッグフードを切り替える

食べ物とシーズーの涙やけとの関連については、はっきりしたことはまだわかってはいません。しかし、腸内フローラを整えることで、鼻涙管の詰まりを予防できる可能性が指摘されています。

涙やけの改善だけではなく、腸内フローラを整えることは、シーズーはじめ犬が健康な体をつくるためにとても重要です。たんぱく質や酵素が含まれているドッグフードは、シーズーの涙やけの予防にも効果があると言われているので、パッケージの成分にも注目してみてください。

ただし、小型犬は偏食で好きなフードしか食べないこともあるので、食べ物の好き嫌いが激しいときは無理をせずに、愛犬がおいしく食べられるフードを食べさせてあげてください。

また、アレルギーを起こす可能性がある食材(小麦・牛肉・鶏肉・トウモロコシ・大豆・乳製品など)を使用していないドッグフードもあります。愛犬のシーズーがアレルギー体質であれば、使用されている食材にも気を使ってみるとよいかもしれません。

サプリメントを活用したり、鶏肉のだしでフードをふやかしたりすることでも、栄養を摂取することができるので、愛犬の好みにあわせて食べるものを選んでいただければと思います。

涙やけクリームでケアする

シーズーの涙やけのケアをするときに使用できるクリームやスプレー、シートなども多数販売されています。犬の涙やけのケアに使用されている商品や成分は様々なものがありますが、涙やけは目の周りのケアになるので、目に入ってしまう可能性があります。

涙やけのケア商品は、目や口に入ってしまっても安全で、飼い主さんが安心して使用できる品物を選んでください。

重曹は涙やけのケアに使用できると言われていて、弱アルカリ性なので皮膚に触れても安全で、口に入ってしまってもすぐさま身体に害があるわけではないとされていますが、大量に口に入ってしまわないように注意は必要です。

無添加にこだわった商品や涙やけの使用できるペット用の重曹もあるので、ペットショップに行った際には、涙やけのケア商品を見てみてください。

また、ホウ酸を使用した涙やけのケアも紹介されていることがありますが、目や口に入ってしまうこともあるので、あまりおすすめはしません。ホウ酸は人や犬には害がないと言われていますが、ゴキブリ駆除のホウ酸団子と成分が同じなので、一定の量を超えてしまうと身体に害が及ぶ危険性もあります。

ホウ酸はリスクがあるため推奨していない獣医さんもいますが、飼い主さんがどうしても使用したいということであれば、獣医さんに使い方を聞いてから行うようにしてください。

目薬でケアする

ワンクリーンという点眼・清拭剤は、目薬として点すこともできますが、コットンに浸み込ませて涙やけをしている部分を拭くこともできる一石二鳥の商品です。

動物病院でも処方してもらうことができますが、ネットでも購入することができます。ワンクリーンは、涙やけで受診をすると処方されることが多い点眼・清拭剤なので、用法・容量に気を付けていただければ、安心して使用することができます。

ワンクリーンは毎日使用できるので、シーズーが涙やけを起こしているときは、ぜひ試してみてください。目薬を点したあとに被毛が濡れてしまっているときは、コットンなどで拭いてあげてください。

まとめ

かわいいシーズーの画像

シーズーは涙やけをしやすい犬種だと言われていますので、日々のケアを行って涙やけを予防していきましょう。

涙やけのケアをしていても、涙やけで目の下や鼻の周りが茶色くなってしまうこともあります。涙やけがひどく改善できないときは、目の病気の可能性もあるので動物病院で診てもらうことをおすすめします。

被毛の色がホワイトであれば、涙やけがブラックやブラウンの子よりも気になってしまうことがあるかと思いますが、目の周りの毛が長いときはカットをしたり、シャンプーをしたときに洗うことでも予防することができるので、焦らず気長にケアを続けてみましょう。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい