マルプーの涙やけの改善方法を紹介!フードを変えることも効果あり?!

マルプーの涙やけの改善方法を紹介!フードを変えることも効果あり?!

愛犬の顔に出来てしまった涙やけ。見た目の印象が変わったり臭いがすることもあったりで、悩んでる飼い主さんは多いです。ここでは涙やけの原因や、なぜマルプーに涙やけが多いのか、そして改善方法をご紹介します。

マルプーの涙やけの原因

マルプーの画像

涙やけとは、目から溢れ出た涙が酸化して、目の周りの毛が赤茶色に変色してしまうことをいいます。涙は、目の乾燥を防いだり、外部の刺激から目を守るために、常に分泌されているものです。

涙が出ること自体は悪いことではありません。しかし、なんらかの原因で通常よりも多く涙が出てしまうと、涙やけを起こしたり、濡れた部分にバクテリアや雑菌が繁殖して目の周りに独特の臭いが出ることもあります。

どんな犬種でも起こりますが、被毛の白い犬は目元が茶色くなると目立つため、気にする方も多くいます。ここでは、涙やけを起こす目のトラブルや涙が増えてしまう原因をご紹介します。

  • 鼻涙管閉塞
  • 老廃物
  • 鼻涙管が未発達
  • アレルギー
  • 外部からの刺激
  • 目の病気

鼻涙管閉塞

涙やけの原因として最も多いといわれるのが、この鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)です。分泌された涙は通常、鼻涙管(びるいかん)と呼ばれる器官を通って、目から鼻に排出されます。

しかし、生まれつき鼻涙管が狭かったり、鼻涙管の入口である涙点が小さかったり、塞がってしまっていることがあります。そうすると、鼻涙管に涙が上手く排出されずに涙が溢れたり、老廃物が溜まって鼻涙管閉塞を起こします。

特にトイプードルやマルチーズは先天的に鼻涙管が狭いことが多く、鼻涙管閉塞になりやすい犬種といわれています。そのミックス犬であるマルプーも、遺伝的に同様のことがいえます。

老廃物

普段与えてるドッグフードやオヤツが愛犬の体質に合っていなかったり、フードに含まれる添加物が多い、フードの保存状態が悪く酸化しているといったことがあると、体内に老廃物が溜まりやすくなります。

また、水分不足になると、オシッコで排出されるはずの老廃物が排出し切れずに、体内に残ることもあります。その結果、体内に溜まった老廃物を排出しようと、涙の量が増えたり、涙に含まれる老廃物の量が増えるといったことが起こります。

老廃物が多いと雑菌が繁殖しやすくなるため、涙やけや臭いの原因になります。老廃物が鼻涙管に詰まって、鼻涙管閉塞を起こすこともあります。

鼻涙管が未発達

子犬の頃は目の筋肉が未発達なため、涙が上手く排出されずに涙やけになることもありますが、この場合は成長とともに改善されることが多いです。

ただし、涙の量が異常に多い、成長してもいつまでも涙の量が減らないといった場合は、先天性の疾患の可能性もあるので、一度動物病院で診察を受けましょう。

アレルギー

ハウスダストや花粉、タバコ、食べ物によるアレルギーで目に炎症が起こり涙の量が増えると、涙やけの原因となります。アレルギーの原因を排除することで、涙やけが改善されることもあります。

外部からの刺激

通常なら目の外に向かって生えているまつ毛が内側に向いてしまい、角膜を刺激してしまう『逆さまつげ』や、まぶたが内側に反ってしまう『眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)』という病気によって、目が刺激されて涙が増えることもあります。

これらの病気は遺伝による影響も大きく、プードルは逆さまつげになることが多いです。ミックス犬であるマルプーも逆さまつげは多いといえます。

また、目に被毛やゴミが入ってしまい、その刺激によって涙が増えることもあります。プードルやマルチーズ、マルプーは顔まわりの毛が目に入らないように定期的ににカットすることも大切です。

目の病気

『結膜炎』『ぶどう膜炎』『緑内障』、目に傷ができてしまう『角膜炎』といった目の病気は通常よりも涙が多く出ます。これらの病気は痛みや痒みを伴い、放置すると最悪の場合、失明の危険もあるため、注意が必要です。

マルプーの涙やけの改善方法

目をチェックする画像

  • 涙やけしないドッグフードを探す
  • 水分補給
  • 手作りご飯
  • ホウ酸水で目の周りを拭く

涙やけしないドッグフードを探す

ドッグフードが体質に合ってないことで起こるアレルギーや、老廃物が原因の場合、ドッグフードを変えると涙やけが改善される可能性があります。

アレルギーに関しては、個々の体質によるのでアレルギーの原因となるアレルゲンを特定する必要があります。原因が分からない場合は、獣医さんと相談ましょう。一般的にアレルギーを起こしやすい食材は、

  • 牛肉
  • 小麦
  • 大豆
  • 鶏卵
  • 乳製品

などがあります。また、ドッグフードに含まれる人口添加物も体内に老廃物を溜め込む原因となります。特に注意したいのが以下の3つです。

  • BHA.BHT(酸化防止剤、食い付きを良くする効果もある)
  • エトキシキン(酸化防止剤)
  • 亜硝酸ナトリウム(防腐剤)

ドッグフードに含まれる人口添加物は、さまざまな種類がありますが、上記の3種類はペットフードの安全性の確保を図る『ペットフード安全法』によって、使用が制限されている物です。

少量であれば、問題ないとされていますが、なるべくなら避けた方が良いでしょう。人口添加物は体内に蓄積すると消化不良の原因になるともいわれています。そして、消化不良は老廃物を溜める原因です。なるべく無添加で質の良い原材料を使ったフードを選ぶことで、涙やけの改善に繋がります。

【涙やけ改善におすすめのドッグフード】
ネイチャーズプロテクション ホワイトドッグ
ネイチャーズプロテクション Nature'S Protection DOGホワイトドッグ 1.5kg
¥3,269 (¥2,179 / kg)円(税込)

ホワイトドッグという名の通り、マルチーズやビションフリーゼなど白い被毛の犬種を育ててきたブリーダーが、目元のケアと白い被毛を美しく保つことを目的に開発したドッグフードです。もちろん、皮毛が白くない犬も涙やけの改善に期待できるフードです。

wanfoo(ワンフー)
wanfoo ワンフー ラブガド (ウサギ肉タイプ) レギュラー 成犬用 6kg(200g×30袋入り)
¥15,960 (¥532 / 袋)円(税込)

アレルギーを起こしにくいとされるウサギ肉をメインに作られた、国産無添加のドッグフード。消化不良によって起こる、涙やけや便臭の改善に期待できます。

積極的に水分補給させる

体内の水分が不足すると、オシッコと共に排出されるはずの老廃物が上手く排出されず、体内に溜まってしまいます。愛犬が水をあまり飲まないという場合は

  • ヤギミルクを与える
  • 鶏の茹で汁を与える
  • ドッグフードをふやかす
  • ウェットフードを混ぜる

といった工夫をして、積極的に水分補給をして、老廃物が溜まらないようにしましょう。

手作りご飯に変える

添加物が気になったり、合うフードがなかなか見つからない場合は、手作りご飯にするという方法をもあります。

  • 鶏ササミ
  • 米(炊いて柔らかくしたもの)
  • キャベツ
  • 白菜
  • 人参
  • 大根

これらの食材は消化吸収が良く、涙やけの改善に良いとされる食材です。いくつか組み合わせて煮込んでリゾットを作ったり、ドッグフードのトッピングにするのも良いでしょう。手作りご飯は食事と一緒に水分も多く摂れるといったメリットもあります。

ホウ酸水で目の周りを拭く

涙で目の周りが濡れてる時は、コットンなどでこまめに拭いて、目の周りの水分を取り除いてあげましょう。水分を拭き取るだけでもある程度の予防、対策にはなりますが、雑菌まで拭き取ることは出来ません。

雑菌の繁殖も涙やけや嫌な臭いの原因になります。そこで、ホウ酸水を使うことで、目の周りについた雑菌を殺菌することが出来ます。

【用意するもの】

  • ホウ酸(薬局やドラッグストアで売っています)
  • 精製水150ml
  • 作ったホウ酸水を保存するボトル

作り方は、用意した精製水150mlをレンジで60°くらいになるまで温めて、保存用のボトルにいれます。そこにホウ酸3gを入れて、よくかき混ぜ、液体が冷めたら完成です。

作ったホウ酸水をコットンに染み込ませて、犬の目元を優しく拭きます。涙や目ヤニが固まってる場合は、無理に取ろうとせずに、数十秒ほどコットンで軽く抑えて、ふやかしてから拭き取りましょう。

そして、拭き取ったあとは、乾いたコットンで残った水分もしっかりと拭き取りましょう。残った水分をそのままにしておくと、そこにまた雑菌が繁殖してしまい、お手入れの効果が無くなってしまいます。

また、愛犬が嫌がらなければ、目の周りを拭く時に軽くマッサージも取り入れると、鼻涙管に詰まった老廃物を押し流す効果も期待できます。強く押したり、愛犬が嫌がる場合は無理にやらないようにしましょう。

まとめ

かわいいマルプーの画像

いかがだったでしょう?目元に涙やけがあると、それだけでお顔の雰囲気が変わってしまったり、汚く見えたり、臭いが気になったり、時には他人の目が気になってしまうこともありますよね。

プードルやマルチーズ、マルプーはどうしても先天的に涙やけが出来やすい犬種です。目に何らかの疾患がある場合もあります。涙の量が異常に多かったり、涙やけが酷い時は、ぜひ一度動物病院で見てもらいましょう。

そして、原因を特定しても、涙やけは数日や数週間で改善されるものではありません。場合によっては、数ヶ月〜半年かかることもあります。合うフードを探したり、水分を積極的に摂ったり、ホウ酸水で拭いたり、焦らずに日々のケアを続けてあげてくださいね。

はてな
Pocket
はてな
Pocket
この記事を読んだあなたにおすすめ
合わせて読みたい